20代からの歯医者

Young Dentist

W
E
B

20代からの歯医者|MC天神 こが歯科・矯正歯科|福岡市中央区天神の歯医者・矯正歯科

20代からの歯医者

これから大学や社会へ、あるいは社会に出て頑張り時の大切な時期の20代。諸外国ではビジネスや就職の場で、歯を含めた口元の印象が重視されることが多々あります。日本でも「重視される」とまでは言わずとも、無意識的に口元が他人に与える印象は小さくありません。
20代であればなおさら、仕事面だけでなく友人や異性との交際においても、口元の印象は良くしておきたいですよね。
対外的な印象以外にも、まだまだ食べ盛りの20代で虫歯や歯周病の発症でうまく食事が出来ず、栄養がしっかりと摂れないなど、デメリットはたくさんあります。
若いうちから歯に対しての意識を持ち、歯医者に通う習慣を付け、キレイな歯を保ちましょう。

口元の印象が気になる

歯並び

女性の写真

整った歯並びは清潔感があるため、会う人に好印象を与えます。更に歯並びが良いと育ちが良く見えるので、上品にも感じられるでしょう。
歯並びが悪いと、歯磨きの際に汚れを落としにくいため、虫歯や歯周病、口臭といったリスクが高まってしまいます。また、どれだけ綺麗に磨いていても良い印象を与える口元にするのは難しいかもしれません。
歯並びの善し悪しは生まれつきのほか、幼児期の指しゃぶりや口呼吸の癖が原因になっていることがあります。

口角

歯のを見せる女性の写真

キュッと上がった口角は明るくはつらつとした雰囲気を演出します。爽やかな印象を与え、清潔さを感じられるでしょう。一方で、口角が下がっていると不機嫌な表情にとられやすいので、良い印象を与えません。
口角を動かすのには、口角挙筋・口角下制筋といった表情筋が使われています。「食べる」「話す」「呼吸をする」といった日常的な動作でも使われる筋肉です。そのため、加齢にともなって噛む回数が少なくなってしまったり、口呼吸によって筋肉が衰えたりすることも口角が下がる原因となるので注意しましょう。

歯の色

女性の写真

白い歯には清潔感があり、顔全体のイメージを明るくしてくれます。理想の歯の白さは、目の白い部分と同じくらいといわれています。一方で、黄ばんだ歯には歯を磨いていないイメージがあり、まわりに不衛生な印象を与えるので注意しましょう。
歯の黄ばみの原因は、飲食物にふくまれるポリフェノールやタバコのヤニによるステイン、そして加齢による象牙質の変色やエナメル質が薄くなることなどがあげられます。

Page Top